マクドナルドが苦戦しています。

今期の業績予想を発表しましたが、8月に続いて2度目の下方修正となりました。

来店客数が予想を大幅に下回ったほか、期間限定商品の効果も限定的だったのが原因のようです。

こうした発表は私はある程度予想していました。

なぜなら、息子がマクドナルドに興味を示さなくなったので、必然的に我が家のマクドナルドの利用回数が大幅に減ったからです。

たった1家庭のことと思うなかれ。

意外と我が家の行動パターンは多数の行動パターンに合致しているのです。

我が家が行かなくなるお店、とくにチェーン店はたいてい業績が悪くなります。

なんとかしたかったら我が家に意見を聞くのが早いかもしれません。

今年は三角チョコパイをあまり食べていませんね。

連休中に1回は大量買いに行こうかなという気分です。